医師転職情報

医師が復職で高年収を狙う方法

投稿日:

通常、長い間キャリアブランクのあった医師が年収を以前より上げるというと難しそうに聞こえます。当然ながら医療技術やレベルは昔活躍していた頃に比べますとかなり劣っていることになりますので好条件の待遇は望めないと言われるのは当然です。しかし、実は例外的に高待遇が望める場合があります。

それは、いわゆる医師が慢性的に不足している医療機関へ転職する方法になります。医師の人材の集まりにくい医療機関になりますと、医療機関側も破格の待遇を呈示する場合も多くなってきます。もちろん、医師の人材が不足するということは医師が住むのには不便であったり、業務の遂行に何らかの支障があったりと言う環境的な問題のあるケースも存在することから待遇を上げなければ医師が集まらないと言うわけです。 このような医師人材を特に欲しがっているところに勤めて行けばかなりの年収が期待できることになります。 通常の医療機関ではまず稼ぐことができないほどの年収額を得られることも可能で、中には年収3000万以上で復職したという医師の事例もあります。

「 医師が慢性的に不足している医療機関」となるとやはり地方の求人ということになります。地方のでは非常に多くの医療機関にて医師数が足りないという状況に陥っていることが多くなります。自己で雇用できる医師が集められないことから、多くは大学の医局に人材の派遣を依頼したりすることが一般的です。 それでも最近は医局においても医師が不足していることから、既存の医師人材が何とか協力し合って医療現場を維持している状況になるでしょう。 そういった医療機関は転職サイトなどにも依頼して医師を集めているという状況です。 このような地方の医療機関は特に復職を支援するための復職研修を積極的に行うことも多いので、研修をしっかりと行う医療機関としては非常に良い環境ともいえます。地方の医療機関で働くなら 特に小規模な医療機関になると医師として頼られることも非常に多くなりますので、住民とコミュニケーションを密接にせねばなりません。如何にして住民との共存を図っていくかが、医療機関で長く勤めるための大きなポイントとなるでしょう。

元々地方の出身者である方や都会での生活に疲弊している方などは、長期的に医師として勤めあげるためにはピッタリの場所なのかもしれません。さらに、地方では医師の身分における社会的地位は非常に高いこともあって、地方における生活に溶け込むにはそれほど抵抗感なく進めることも可能なることでしょう。 それでいて年収が高いわけですから人によっては「最高の復職場所」になるかもしれません。

このように「医師が復職で高年収を狙う方法」というのは実際にあるわけですが、高待遇ばかりに気を取られて復職そのものの意義を忘れてしまうこともあると思いますので、医師の復職に際してはまずは医師として自分が何をすべきか何が出来るかを念頭に置いて復職先探しを行っていかなければなりません。医師の年収は、医師の労働量に応じた代価となりますので、この点十分に理解しておかなければならないでしょう。 少しでも高待遇のところを探して行きたいのであれば、ネットにおける転職エージェントへと無料登録をしていくことにしましょう。医師として効率的なキャリアアップを実現させるには、ぜひトライしてもらいたい転職ツールになります。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.