医師転職情報

医師の復職の手順は?復職に強い転職サイト比較

投稿日:

医師の休職・復職事情について

多くの医療機関を中心に活躍する医師はその資格がある限り、基本的に一生涯継続して続けられる業務とも思われます。しかし、医師だって1人の人間ですので色々な事情で医師としてのキャリアを中断しなければならないこともあります。

特に女性医師の場合はただでさえ忙しい環境の中での業務となりますので、出産と子育ての時期が来ますとほとんどの場合は一時的に離職しなければなりません。実は、これが多くの女性医師にとっては最も頭の痛い問題の1つと言われています。現在日本では女性医師が増加してきています。これは逆に言うと、女性医師の復職支援を医療機関側が率先して行わないと医療機関自体が自分の首を絞めることになるということでしょう。さらに最近は女性医師だけでなく、男性医師も様々な家庭の事情で医師を一時的に辞めていたり病理医等に従事して臨床医から遠ざかっていたりと多くの医師にも非常に複雑な経緯があるのです。

医師が復職する手順は?

もちろん、大学の医局に所属していて大学病院に勤務していた方や待遇の良い総合病院になると、離職もせずに復帰もしやすくてその後充実した医師生活が継続できると思いますが多くの医療機関ではまだまだそのような制度を設けているとことは少ないのです。そういう方はどうやって休職から復職すればいいでしょうか?

しかし、近年は各地方公共団体が率先して女性医師支援センターと呼ばれる公的機関を設立して、復職研修が出来る医療機関や実際に復職する医療機関を斡旋しているととこもあります。また、意外にも転職エージェントなどのサービスでも復職研修できる医療機関を斡旋して、さらに最終的にキャリアアップまでも支援する流れを持っている所もあるでしょう。これにより、女性医師を中心とした医師退職者が復職をする一般的な流れが出来上がりつつあるのです。

1.子育てのために退職
2.転職エージェント若しくは女性医師支援センターに無料で登録する
3.復職研修する医療機関で集中研修を行う。
4.復職完了

上記のようなフローになる方は女性医師には多いようです。最初に入職する段階で職場復帰が容易な医療機関を選ぶのに越したことはありませんが、そうでなくとも以上の流れで医師の方がスムーズに復職をすることができる仕組みも整ってきましたので安心して復職をしたいものですね。転職エージェントになりますと、担当のエージェントが訪問してヒアリングも行ってくれますのでとても便利でしょう。

以下では医師の復職もお任せできる転職エージェントをいくつか挙げておきます。

(復職オススメサイト①)リクルートドクターズキャリア

■30年以上にもわたる医師の転職支援実績があるから、先生方の復職に強い!
■有名なリクルート運営だから、医師の先生方の復職でも1万件以上の非公開求人からご紹介。
■定期非常勤求人もあるので、医師の皆さんのマイペースな復職活動をしっかりとサポート!

(復職オススメサイト②)医師転職ドットコム

■医師の支援実績が2万件は業界最大級!担当のコンサルタントが先生方の復職を支援!
■サービス満足度95%以上の実績を見ればわかるように、医師の皆さまの確実な復職を実現!
■プレミアム非公開求人もそろえているから、医療現場への復職も高待遇のものが期待できます!

(復職オススメサイト③)エムスリーキャリアエージェント

■都道府県ごとに求人チェックできるから、地元にこだわった医師の皆さんの復職もスピーディ!
■医師会員が25万人の実績が、その信頼性を裏付け!見やすい検索機能で復職もスムーズに!
■地域コンサルタントが担当する求人を予めサイトで見れるので、復職活動にも安心感を得られます。

(復職オススメサイト④)エムシードクターズネット

■専任のコンサルタントが在籍していますので、復職先のチェックや煩わしいことも一切おまかせ!
■医師の皆さまの復職のサポートはもちろん、医療に関するお得なニュースも提供します!
■独特のスカウトシステムがあるから、復職を希望する医療機関へ匿名問い合わせも可能です!

(復職オススメサイト⑤)ジェイエムシー(JMC)

■医師の皆さまに人気のある求人を中心に扱っているから、復職の結果にもきっとご満足いただけます!
■ベテランのエージェントが在籍していますので、無二の情報を提供して理想的な復職をお手伝い!
■医師の皆さまの適正年収を調べた後、復職求人であっても年収アップをしっかり交渉します!

医師の復職で一番難関なのは「現場勘」?「人間関係」?

医師として復職がうまくいかないとせっかく積み上げてきたキャリアも無駄になってしまいます。その場合は、長期になってしまいますと医師としてのやる気なども喪失して行くことにもなるでしょう。しかし、それでも医師として復職したいと願う方も非常に多く、それは苦労して医師の資格を取ったからに他なりません。そんな復職希望の医師にとって最大の難関は復職後の「現場勘」と「人間関係」だと言われています。

医師でもブランクが数年、長くても10年ほどであればまだまだ現場への適応性が臨機応変に行えることでしょう。それでも復職を希望する医師はそのような若年層の人材だけではなく、既に50代に入っている医師人材も非常に多く存在しています。医師の勤務する職場に限らず、一般企業であっても年齢を重ねるごとに環境への柔軟性は失われていくものです。そうであっても、医師の場合になれば患者の生命を預かる重要な業務となって行きますので事情は大変複雑になります。ブランクが開けば開くほど「現場勘」はなくなっていき復職を阻みます。

また、ある程度年齢を重ねた医師にとっての人間関係はさらに一筋縄ではいかず、このような医師の場合は通常ベテランで経験豊富であることも多いことから、年齢が高い状況で医師への復職を志すと自分よりも実力のある年下の医師と微妙な関係が生まれることも考えられるでしょう。 これは、男性・女性医師に関係なく発生しがちな問題になりますので、研修時のモチベーションの維持が復帰後の職務にレベルに大きく影響して行くのです。よって、医師にとって復職を行うことは単に知識や技術を取り戻すことを意味するだけでなく、様々な人間関係に関するジレンマを自己解決して行かなければなりません。

さて、このような医師の復職に関して少しでもスムーズに活動を進めて行くのであれば、ネットにおける転職エージェントへ無料でエントリーをしていくようにしましょう。いろんなエージェントサービスが揃っているので、より効率的にキャリアアップするためにいろんなサービスへ登録してください。 上記でおすすめ復職サイトは紹介済みです。

 

TOP

医師復職のFAQ

Copyright (C) 2014 医師復職ナビ All Rights Reserved.

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.