医師転職情報

整形外科医の利用が多い医師転職サイトランキング

投稿日:

(1位)リクルートドクターズキャリア

リクルートグループが運営する医師向けの転職サイト。知名度、実績ともに業界トップクラスの存在で豊富な求人数と充実したサポートが魅力です。とくに転職のプロが厳選した高収入の求人に恵まれており、整形外科医でも転職を機会に年収アップを目指せる求人を探していくことができます。また通勤環境がよいところ、家事・育児と両立できるところなど希望や条件に合わせて求人を絞り込んでいける探しやすさもリクルートドクターキャリアならではの魅力です。

(2位)医師転職ドットコム

医師転職ドットコムは株式会社メディウェルが運営している医師向けの転職サイトです。医師の求人掲載数が業界でもトップクラス、豊富な情報の中から条件・希望に合った職場を探していくことができます。また、初めての転職をサポートする環境が充実しており、転職に必要な準備や基本なども教えてもらいながら充実した転職活動を行っていくことができます。救急対応なし、当直なしなど整形外科医にとって重要なポイントを踏まえつつ求人探しを行っていける点も魅力です。

(3位)マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORは転職サイトの最大手マイナビグループが運営している医師向けの転職サイトです。医療業界での経験が豊富なキャリアパートナーが数多く在籍しており、はじめての転職の方からキャリアにこだわった転職を希望している方まで、整形外科医の転職の幅広いニーズに対応してくれます。また常勤・非常勤に加えてスポット求人も積極的に扱っており、ライフスタイルや雇用形態にも合わせた求人探しができます。安心のブランドイメージ、充実したサービスと転職サイトの魅力を兼ね備えたサイトです。

(4位) エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントは医師会員約25万人というエムスリーグループが運営する医師向けの転職支援サイトです。豊富な求人数はもちろん、条件・特徴を厳選しながらこだわりの求人を探していきやすいサービスが魅力、整形外科医の求人でも「当直なし」「年収1800万円可能」「休日しっかり」といった理想の条件にあわせて求人を探していくことができます。転職を支援してくれるコンサルタントも経験豊富なスタッフがスタンバイ、医療業界のコンサルタントに特化しているからこその充実度と信頼度を誇っています。

(5位) JMC

JMCは医師ひとりひとりの事情・要望に合わせて手厚いサポートを用意している医師転職支援サービスです。整形外科医の転職においても重要なポイントとなるキャリアやスキルアップ、ライフスタイルとの両立、QOLといった事情にあった求人を多数揃えています。非公開求人も充実しており、すぐに応募が締め切られてしまうような好条件・人気の求人もいち早く入手できますし、担当するエージェントはベテランぞろい、豊富な転職支援の経験に裏付けられた適切なサービスを提供してくれます。

整形外科医の転職事例の色々。転職サイト利用のすすめ

整形外科医は他の診療科と比べても比較的転職の機会が多いといわれています。整形外科医の転職ではポジティブな目的で行われることが多く、転職をステップアップの手段として活かすケースも見られます。たとえば大学病院や総合病院に就職する場合、最初の職場では研修医として働き、経験を積んだ後により自分のスキルが行かせる職場へと転職するケースがありますし、専門医の資格が取得しやすい職場へと転職する場合もあります。さらに専門医を取得した後にその資格を活かしつつ自分を高く評価してくれる職場を探すこともあります。実際独立開業して成功を収めている整形外科医の多くはそれまでに数多くの転職を繰り返しているケースが多いのです。その意味では整形外科医としてのキャリアアップに転職は非常に重要な意味を持っているともいえるでしょう。

また整形外科医の役割が多様化しているなか、より自分がやりたい分野、専門的な領域を求めて転職するケースもポジティブな目的に含まれるでしょう。一般の外来でキャリアを積んだ後にスポーツ医学の分野を目指す、子供が好きな人は小児外科を目指す、さらに美容外科への転身といったケースも見られます。先ほどの内容とも位置が重なりますが、研修後に手術を担当できる職場への転職を目指すケースも見られます。

このように前向きな目的で職場を変える機会が多いのが整形外科医の転職事情の特徴のひとつといえるでしょう。ただもちろんこうしたポジティブなケースだけでなく、やむにやまれず、これ以上今の職場では続けられないと判断して転職するケースもあります。もともとどの医療機関でも整形外科医の人数は少ないため、連日休みもなかなかとれずに一日中外来に対応しなければならない、夜勤や休日出勤を求められるといった環境も多いのです。

40代頃になると独立開業という形での転職の機会も出てきます。さらに40代までキャリアを追求してきた人が50代になってよりゆとりのある、またはやりがいを感じられる職場を目指すというケースもあります。高齢化の影響でリハビリテーションの重要性が高まっているなか、キャリアを重ねた後にこの分野に転職するといったパターンも見られます。こうしてみても整形外科医の転職事情は非常に多彩で、あくまで自分のキャリアプランやライフスタイルを踏まえたうえで転職の判断をしていく必要があるのです。

もし転職を検討している整形外科医の方は上記の転職サイトランキングもご参考ください。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.