医師転職情報

なぜ医師は激務になりやすい?転職のススメ

投稿日:

医師の仕事は激務になることが多く、精神的、肉体的にもそれがストレスになり、仕事を辞めたい、と感じることがあります。一度、そのような負担が大きい職場で働いていると、なかなかその状況から脱却できないまま、時間が経過してしまう可能性があります。精神的にもストレスをため込みやすく、その解消を出来る限り早めにすることが望ましいといえるでしょう。激務であるかどうか、ということ働いているうちには分からないままになってしまっている可能性があるので、よく自分の労働時間などを検証して、精神的な負担が大きくならないようにすることが望ましいといえます。

激務になりやすい職場としては、医師の場合には当直がある、手術が多い、残業時間が長い、などが要素としてあります。若いうちは医師のように人の命を預かる職場であると、使命感や専門職としてのやりがいなので、激務であることを忘れて仕事に打ち込むということがありますが、長く継続しているうちに年齢とともに肉体的、精神的にも負担が大きくなってしまう可能性があります。そのような状況が長く続くと、なかなか仕事を継続することが厳しくなってしまう可能性があるため、出来る限り早めにそのようなストレス要因は解消できるようにしておくことが望ましいといえます。

仕事で精神的な負担が大きくなってしまうと、安定して仕事自体を継続することが厳しくなってしまう可能性があるため、出来る限り早く、そのようなストレス要因を解消できるようにしておくことが望ましいといえます。仕事に関しては、プライドが高い方であれば、激務であることを相談できずに、一人で悩んでいることも多いため、次の転職先を考えて仕事の負担を減らす、という候補がわかない可能性もあります。

もし、仕事のことで悩んでいるのであれば、転職支援サイトに登録してどのような仕事があるのか、ということを検討をすることも一つの方法です。転職支援サイトのキャリア紺サルタントであれば、どのような仕事が可能なのか、ということも含めて激務ではない次の仕事を紹介してくれます。また、自分が働いているうえでどのような要素がストレスになっているのか、ということを十分に考えることが出来るため、転職という方法も仕事の負担を軽くするのは有益です。給与やキャリアだけではなく「自分の希望する労働条件で働けているのか」ということを考えて、仕事を探すということも大切な方針の一つといえるのではないでしょうか。

激務が原因で転職した体験談

私は、総合病院にて内科医として勤務していた女性医師Nと申します。女性医師と言っても男性医師と同じ労働条件になりますので、総合病院はつきものである当直業務も基本的に遂行しなければならないのです。私は結婚して出産を経て独身時代のようには通常業務をこなしていくことが当然ながら非常に困難となっていきました。激務に耐えられなかったのです。私のような女性医師も人の親になると子育てを一番に考えなければならない反面、医師としての将来を心配しないといけません。そこで、私は医師としてのキャリアを続けることができるように、週数回のだけの勤務に入ることができる職場を探しました。通勤時間的にも前の職場は住まいから非常に遠いこともあって、出勤が非常に面倒なので職場をチェンジして行くのがベストだと感じていました。

私は、まず自宅近辺の総合病院でもスポット勤務が可能な内科医求人を探して行くために、転職エージェントと呼ばれるサービスに無料で登録をしてみることにしました。最近は生活重視のためにフルタイムで勤務することを躊躇される医師の方も多く、私のような子育ての事情で非常勤として従事される方も多いようですね。面接に呼ばれて行ってみますと、候補の総合病院の健診業務は午前中から午後にかけてあるので基本的に残業はないのですが、健診は毎日行われるのでその分の4日間を入ってもらえればという内容でした。その後正規職に戻って、継続して内科医として勤務する前提であれば採用してもらえるようでした。条件的には悪くないので、入職しました。

医師は激務です。特に女性医師は家庭のことも考えるとハードな仕事です。医師としての将来のキャリアも大事ですがプライベートも大事だと思います。

医師の業務は激務になり「過労死」、もしくはうつ病など心を病むケースが報告されています。これらの問題はどうしても、解消できない場合には転職を考える、ということも一つの方法です。転職情報の中には「残業なし」「当直なし」という求人情報も決して少ないわけではありません。

もし、激務な状況を感じるのであれば、出来る限り早くその要素を解消することをお勧めします。仕事を自分がする理由とはどのような理由なのか、どうすればストレスを解消できるのか、ということをよく考えておかないと、そこから状況がさらに悪化してしまう危険性があります。そのままストレスを抱え込むような結果になってしまうと、そこから抜け出せなくなってしまい、余計に追い詰められてしまうことになります。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.