医師転職情報

上限勤務時間を抑えたい医師の方へアドバイス

投稿日:

医師の中には年収よりも勤務時間などを考えるという人が実は多いそうです。医師というとどうしてもハードワークというイメージがあり勤務時間はかなり不定期で長くなってしまうということが多いですよね。そうではなく週に数回程度でゆっくりと働いてみたいと考える人が多くなっているのです。もちろんその理由というのは様々ですが、そういった場所で働きたいと考えた場合には転職の際にどうするかということを覚えておく必要があるのです。

どうしても、医師の場合には急患や、人の命を預かる職業ということで、勤務時間が長くなってしまうところがあります。これは、どうしても防げないところですが、職場によってはそれほど激務ではない、自分の希望する方法で働くことが出来る、などある程度納得できる条件の職場も決して少なくありません。それらの条件を前提にある程度、自由度を持って仕事を探す、ということもお勧めの転職の方法といえます。

勤務時間を考えた就職先を探すというのは簡単なことではありません。基本的に医師という職業は勤務時間が長いということが多いからです。とはいっても融通が利く職場というのがないわけではないので、まずはしっかりと探すということが大事なポイントになってくるのです。自分に合った場所を見つけることができれば安心して仕事をすることができるようになりますよね。なので、しっかりとした職場探しが必要になってくるのです。

転職をしようと思った場合には転職サイトを利用するというのが一般的になっています。インターネットの転職サイトならば自宅に居ながらでも簡単に利用することができるようになっています。多くの求人情報の中から自分に合った求人をしっかりと探すことができるようになっているので、まずは利用してみるといいでしょう。また転職の際に困ったことがあった場合エージェントなどが相談に乗ってくれることもあるので、相談してみるといいでしょう。

転職支援サイトに登録すれば、比較的勤務時間などがプライベートの負担にならない職場を探すことも十分に検討をすることが可能です。これらの条件は、出来る限り総合的な条件から考えるようにすることで、間違いも減らすことが可能ですし、納得できる条件で働くことにつながります。給与と福利厚生、働き方などはうまく調整しないと、なかなか自分の希望する条件にマッチしないところもあるため、総合的な条件から考えることをお勧めします。

年収より労働環境を優先するのもあり!

仕事をする場合に重視するポイントというのは人によって違ってきますよね。多くの人は年収などを重視することが多いと思いますが、医師の場合は必ずしもそういうわけではありません。職場によっても違いますが、基本的に医師の年収というのは高いものとなっています。そのため、より高い年収を求めるというよりも職場の労働環境がどうなっているかということで決めることも多いのです。労働環境が良くない場合などは転職を考えるという人も多くいます。上記で説明した勤務時間の話はその一例ですね。労働環境は働く意欲にも直結することですし、長期的に見ればストレスがたまる要因などになります。このような観点から考えると、なるべく心身ともに負担が少ない職場を選ぶ、ということは医師の仕事の中でも決して珍しいことではないのではないでしょうか。「上限勤務時間」は今後の時代で重要なキーワードかもしれません。

労働環境というと基本的には就職をしてからでなければわからないものというイメージがあるかもしれません。しかし、最近ではある程度の情報ならば調べることもできるようになってきているのです。なので、まずはそういった情報をしっかりと調べてみるというのがいいでしょう。どういった職場なのかということがある程度わかれば転職先も決めやすくなりますよね。転職をする際にはこういった情報集めがポイントなのです。「上限勤務時間」も事前に把握できるにこしたことはありません。

ではどのようにすれば情報を集めることができるのかというと転職サイトなどの利用になります。インターネットなどから利用することができる転職サイトを利用すればしっかりと自分に合った求人情報を調べることができるようになっているのです。一般には公開されていない非公開求人と呼ばれているものも見ることができるようになっているので、こうした情報をしっかりと取り入れてより自分に合った職場環境の場所を探してみましょう。上限勤務時間も事前にチェックできます。

そうすれば、具体的に自分で役立つ転職情報なども多く収集することが可能なので、比較的円滑に転職を進めることが可能です。どういう条件であれば、転職を有利に進めることが可能なのか、ということも含めて、具体的な条件を検討をしてみることがお勧めです。安定して仕事をできる条件を見つけるチャンスもあるので、ぜひ検討をしてみてはいかがでしょうか。転職支援サイト活用する、などすればかなり役立つ転職情報も多く掲載されているため、十分にチャンスがあります。安定して仕事をするためにも、ぜひそれらの情報を探すようにすることで、長期的に見ても給与よりも充実した仕事をすることができます。


医師の勤務時間の悩みはつきません。一般的に残業時間は36協定などが民間で定められており、休日出勤も含めて月に36時間の残業以上は特段の取り決めなどが無い限り使用者側はさせないことになっています。しかしながら医師は、人の生命を預かっている立場であるということもあり、それ以上の残業を強いられる結果になってしまうことも決して珍しいことではありません。そのために、心身ともに負担が大きくなり、ストレスを抱えてしまい、結果として過労死ということにつながるリスクは十分に考えられます。また、仕事が悩みになってしまうと、それが原因でなかなかストレスを解消できない、ということになってしまうと、精神的な悩みを抱えて過労死につながる可能性もあります。現在の仕事を辞められない、ということが心理的な原因になってしまうと、なかなかそこから抜け出せなくなってしまう危険性があります。そのような状況は決して望ましいことではなく、出来る限り早めにそのようなストレスは解消できるようにすることが望ましいといえます。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.