医師転職情報

医師が美容クリニックに転職する際の志望動機は?

投稿日:

医師が美容クリニックに転職する際の志望動機の中身はは重要です。美容クリニックは一般的な病院に比べて給与が高いなどの利点がありますが、実際に就職するためには厳しい選考をクリアしなければなりません。書類審査や面接で発表することになる志望動機も重要な要素となるので、就職活動を始める前にどういった内容にすべきか考えてみてください。

美容クリニックに就職するためには美容クリニックでどうして働きたいのかを明確にすることが大切です。志望動機も教科書通りの書き方だったりすると本当に働きたいのかと採用担当に思わせてしまうので、文章内容に具体性を持たせるようにすることが大切です。例えば過去に美容にまつわることで起きたエピソードなどを踏まえてそれを解決することが出来る美容外科の仕事に興味が生まれたなどの例を挙げると教科書通りの内容でも相手に与える印象が違ってきます。

志望動機の内容を考える上で、どうしてその志望先で働こうと思ったかを伝えることも大切です。なぜならこのご時世美容クリニックは山のようにあるからです。美容クリニックと一口に言ってもその数は非常に多いので、どうして数あるクリニックの中から志望先を選んだのか採用担当に好印象を与えつつ納得いく理由を考える必要があります。例えば待遇面の良さが理由というの場合は、志望動機がそれだけだと良い印象を与えられないので、経営理念に共感したなど何か志望先で働きたいと思えるようなエピソードがあったらそれをメインにおいた志望動機を考えてみましょう。

志望動機で美容クリニックで働きたいという気持ちをアピールする際は具体的にやる気を見せるよう行動することも重要です。最も分かりやすい形は前もって美容外科関連の資格を取得しておくなど目に見える実績を作るという方法で、未経験から就職活動を行う際は前もって資格取得を目指してみてください。これを志望動機に織り込むことができれば一番効率的です。既に美容クリニックで勤務している方なら前職で行った施術回数などの業務実績を挙げることが出来れば転職もスムーズに行うことが出来るはずです。

美容クリニックは病気や怪我の治療とは違う分軽視されがちですが、その業務は決して軽いものではありません。そのため適当な志望動機で応募しても採用されることは無いので、美容クリニックで働いたいという強い思いを明確にアピールすることが大切です。これから美容クリニックへの就職を目指すという方はじっくり時間をかけて志望動機の内容を考えておきましょう。

志望動機が完成したら 美容クリニックへの就職は面接対策を欠かさないことが重要です。面接は自分の熱意をアピールし、採用担当に一緒に働きたいと思わせることが出来る貴重な時間で、ここでミスをしてしまうと書類選考に受かった意味もなくなります。少なくとも何の対策もしていない状態で挑戦しても良い結果にならないのは目に見えているので、良い求人を見つけたときにいつでも応募できるよう、求人情報をチェックするのと一緒に面接対策についても考えておきましょう。 そこで志望動機をしっかり伝えましょう。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.