医師転職情報

医師がコンタクト店併設眼科で働く方法

投稿日:

医師の眼科求人に多いのが、コンタクトレンズ店併設の眼科でしょう。コンタクトレンズ店併設の眼科では、コンタクトレンズを販売する前に、目に関するさまざまな検査を行うため、多くの眼科医を雇用しています。次から次へと訪れるお客さんの検査を行うため、忙しい仕事ではありますが、病気の診察や治療を行うわけではないので眼科医としてのスキルアップは期待できない仕事です。ですが時間に融通が効くところもあるので、割り切って仕事をするならば、働きやすい職場でしょう。 コンタクト外来は一昔前まで、アルバイトを含めて絶大な人気を誇った仕事でした。楽で稼げるという状況は昔ほどではなくなりましたが、今もその名残はあるため、家庭を持つ女性の医師には人気です。

そんなコンタクト店併設眼科で医師が働くには上記のとおり激戦なのです。特に女性医師や高齢の医師を中心にリスクの少ないコンタクト店併設眼科は人気が高いのです。そんな時に使ってほしいのが医師転職サイトです。 医師転職サイト なら専属のコンサルタントが実際の現場の雰囲気や仕事内容、人間関係やなどの詳細情報などを紹介してくれますし具体的に求人も紹介してくれるので転職に役立てることが出来ます。登録は無料なので、まずは気軽に登録してみるとよいでしょう。

コンタクト外来の求人(例:リクルートドクターズキャリアが公開している求人情報)
募集科目:眼科
勤務地:福岡
年収:1500万
募集内容:コンタクト外来、販売店に併設されたクリニックでの業務。コンタクト外来9割、眼科外来1割
求める人材:眼科医。転科も相談可
勤務日数:週4日、5日
勤務曜日:平日休み。土日出勤
想定外来数:1日に30名から50名
採用時期:急募

リクルートドクターズキャリア で上記の条件で求人が出ています。週に4日の勤務体制も選択できるので、仕事と趣味や家族を両立したい先生には最高の求人です。 上述の求人は条件はいいと思いますが、コンタクト外来の募集は急募という形で突然出て、いきなり締め切ってしまう傾向があります。せっかくのチャンスに応募漏れしないように、求人を見付けたら思い切ってその場で応募するくらいの気持ちが必要です。募集が出たら応募してみて、採用されたらいよいよ本格的に転職を考えるという転職方法もあります。

ちなみに、眼科医は非常に開業率の高い診療科です。勤務医の割合は、医師全体の勤務医率の約半分しかありません。勤務医の中にも、将来的には開業をしようとする人は多いでしょうが、コンタクト関係で働くと実は結構開業は遠のいてしまうかもしれません。できればお年寄りの緑内障や白内障などといった需要の高い目の病気をしっかり治療できる医師を目指したほうが開業は近づくかもしれません。眼科のニーズは今後高まることが予想されますがさまざまな症状の患者さんに、適切な処置ができるように、眼科医としてしっかり経験を積み、勉強しておくことが開業目的のかたにはおすすめです。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.