医師転職情報

医師が企業勤務を狙う場合の推奨医師転職サイト3選

投稿日:

医師の勤務先というと病院などの医療機関が一般的ですが、企業にも医師は必要とされてます。産業医というケースもあれば生命保険会社で社医をやるケースもあります。現状はまだまだ数が多いとは言えない状況ですが、今後どんどん需要は拡大していくと予測されています。そして医師の企業への転職は「人気が高い」&「求人が少ない」ので競争率が高いです。 こうした希少案件の医師求人を探す時に便利なのが転職サイトです。リクルートなどの大手医師転職サイトは求人数は常時10000件以上を保有しているバックアップ体制は大変好評です。企業の求人だけ見ても他サイトに勝る最新の求人数を誇ります。ここでは「医師が企業勤務を狙う場合の推奨医師転職サイト3選」ということでご紹介します。

ランキング1位:リクルートドクターズキャリア

常時10000件以上の求人を保有する「リクルートドクターズキャリア」。企業の医師求人も多い。
リクルートドクターズキャリアは30年以上の実績あり。医師の転職サイトの老舗として有名。企業求人の斡旋はお任せ!
・様々な求人が豊富なリクルートドクターズキャリア。もちろん産業医や製薬会社の求人も。
・高額の求人が多いリクルートドクターズキャリアを使えば、年収の大幅アップが実現できます。
非公開求人の数も非常に多く、その中には年収2000万円を超える製薬会社関連の仕事も。
・公式のサイトの転職成功事例を読めば、医師の転職成功の秘訣やポイントが即座に分かります。

ランキング2位:エムスリーキャリアエージェント

・多くの先生の熱い支持を受けて転職希望者の登録数がNo.1になった「エムスリーキャリアエージェント」。企業系の医師求人もお任せ!
・現在企業の医師の求人を多数保有中です。特に東京や大阪、名古屋の都市部の医師の転職に高い評価。
優秀なキャリアコンサルタントが多数在籍中です。企業の仕事を探す先生を手厚くサポート。
・特徴別に医師求人の検索が可能です。先生のこだわりに従って企業の医師の仕事を探せます。
条件の良い非公開求人もおよそ2700件。製薬会社関連、産業医の仕事が含まれています。
・休日が増えた転職や年収がアップした企業の医師への転職の例をサイトで丁寧にご紹介します。
・サイトの今週の注目の常勤医師求人の中には高給の製薬会社の求人が含まれていることもあります。

ランキング3位:医師転職ドットコム

・満足度高い転職サイト医師転職ドットコム。利用した先生の満足度も非常に高いです。医師の企業転職はお任せ!
常時39480件以上の求人を保有。業界最大級の求人の中には企業の医師の求人も多数含まれます。
非公開求人常時10000件以上を保有。製薬会社の仕事、産業医の仕事も非公開求人の中に。
・地域に密着したコンサルタントが活躍中。どんな地域の企業の医師の求人も優先的に見つけます。
・転職上の手続きは先生にかわってコンサルタントが代行。ストレスなしにらくらくと転職可能。
女性医師のためのサポートも積極的。女性の医師でも企業の仕事を探せるサイトです。
・コンサルタント厳選求人の中には企業関連の仕事もあります。公式サイトで人気のコンテンツです。
・便利な求人の検索機能が備えられており、先生の希望やこだわりに合った仕事を素早く探せます。

企業の医師求人は少ない!転職サイトの利用は必須

企業の医師求人には大きく2つのタイプがあります。ひとつは産業医で、もうひとつは製薬会社関連のものです(細かくいえばコンサル業界とか医師以外の仕事も考えると種類はもっとありますが・・・)。前者も後者も毎年一定の求人はあるのですが、数はそれほど多くありません。ですので企業の医師の求人を探す時には医師の転職サイトが役立ちます。いろいろなサイトがありますが、大手の リクルートドクターズキャリア などだったら求人数とキャリアコンサルタントの数が多く、先生の転職をさまざまな角度からサポートしてくれます。例えば、面接日の決定は先生の代わりにコンサルタントが行ってくれます。製薬会社のようなやや特殊な求人も得意としています。製薬会社関連は年収が高めなので非公開になることが多いのですが、転職サイトはそういった求人の内容も把握して、登録した方に教えてくれます。求人数、コンサルタントの能力、サービスの質といった3つの点から見て転職サイトの利用価値は高いです。

産業医はその企業で働く人の健康を守るものです。専任ではなく、掛け持ちで仕事をされている先生もいらっしゃいます。産業医がいない企業も少なくありません。産業医の中で増加しているのはメンタルヘルスを専門にする仕事です。現在は仕事のストレスに悩む人が多いので、国が指針を出してメンタルヘルスを行い人材の確保を求めています。しかしその人材の確保が進んでいるとは言えないので、今後増えていくでしょう。企業のメンタルヘルス関連の仕事は精神科の先生方の領域になります。

製薬会社もニーズがあります。製薬会社では薬の開発現場に医師を採用して、新薬の開発の時に力を発揮してもらおうとしています。医師の専門の薬の知識や臨床体験が生かせる仕事になります。日本各地の病院は経営の苦しいところが多くなっています。それに伴って病院の規模を縮小したり、医師の採用を控えるところも出てきています。全体として医師の仕事は売り手市場なのですが、昔のような勢いはなくなっています。今後医師の転職先または就職先として、製薬会社がクローズアップされるようになるかもしれません。

企業の医師の採用基準はまちまち!適性のある職場に巡り合う方法

企業の医師の採用基準といっても特に決まった企業の医師の採用基準があるわけではありません。企業によって違います。それから仕事の内容によっても変わってきます。

まず産業医の場合は、医師としての技術や経験が重視されます。日本医師会の認定産業医資格を持っていたら有利になる可能性がありますが、この資格が絶対的な採用基準になるわけではありません。経験や知識ともにその会社に合うと面接で判断されたら採用される可能性が高くなります。面接時に、採用された場合にどのようなことに取り組みたいか明確に伝えることが重要になります。他の医療機関と先生自身のつながりも大切です。専門外の疾患が見つかった時にその病院に患者を紹介しなければならないからです。

またほかの例を挙げてみると外資系の製薬会社の場合は、産業医と採用基準が異なっています。経験や技術の他に英語力が考慮されます。経験は5年以上の臨床体験が好ましいとされています。英語力はTOEIC700点以上です。臨床体験や英語力の他に先生の人柄も重視されます。製薬会社ではチームの中で働くので、コミュニケーションのスキルが特に大切です。ご自分の意見を分かりやすく伝えるだけではなく、他の人の話にきちんと耳を傾ける姿勢も求められます。こういったことは医師として働いていた方は得意でしょう。新薬開発のプロジェクトの長として働くこともあるので、マネージメントのスキルをお持ちの方が採用の時に有利になります。

企業の医師の採用基準は各企業によってばらばらなので、転職を目指される時には情報の収集がポイントになります。企業に直接たずねたら、ある程度の基準は教えてくれるかもしれませんが、詳しいことは分かりにくいでしょう。企業の医師の採用について一番詳しいのは転職サイトのキャリアーコンサルトです。コンサルトは数多くの医師の転職をサポートしています。その過程でどんな方が採用されやすいか自然と分かるようになります。それを転職のノウハウとして転職希望者に教えてくれます。

いろいろな医師の転職サイトがあるので、選び方が問題になります。求人数が多い大手のサイトに登録すれば良い転職先が見つかる可能性はあります。しかしサイトごとに得意としている領域が違うので、そのあたりはご自分で見分けることが大切です。上記に説明したようにキャリアコンサルタントの能力と先生の転職の成功には深いつながりがあります。コンサルタントの数が多く、能力の高い人たちが揃っているところがお勧めです。そんな条件に当てはまるのはリクルートドクターズキャリアでしょう。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.