医師転職情報

麻酔科医のバイトの探し方は?

投稿日:

麻酔科医師の求人には、常勤や非常勤などいろいろな雇用形態があります。その中でも、麻酔科医師の間でとても人気があるのは、バイトという非常勤のお仕事。全国的に麻酔科医師が不足しているため、本来なら常勤で不足してしまう分をバイトの麻酔科医師で補おうという姿勢の病院も多いのですが、常勤よりもバイトのほうが待遇も良く、面倒な医局の人間関係なども経験する必要がないため、複数のバイトを掛け持ちして仕事をする麻酔科医師も少なくないのだそうです。

麻酔科医師のバイトは、全国各地いろいろな病院から求人があります。病院の医局を経由してバイト先を見つけることができれば、もしかしたらそれが最もコストパフォーマンスが良いバイトかもしれません。しかし、医局では縦社会ですから、経験や実力がある先輩医師が条件の良いバイトを持って行ってしまい、若手医師にとってはそういうバイトは残っていないことも少なくありませんよね。

そんな時には、転職サイトを利用してバイトを見つける方法がおすすめです。リクルートドクターズキャリアのような転職サイトなら、医師の転職情報や求人情報のみを取り扱っているので、スピーディーにたくさんの求人情報の中から自分の気に入ったバイトを見つけることができます。リクルートドクターズキャリアは全国規模で医師の求人を取り扱っていますから、全国どこの病院でも求人情報をチェックすることができます。多くの病院を比較検討することで、条件が良いバイトを見つけやすくなるのも、転職サイトを利用する大きなメリットと言えるでしょう。 リクルートドクターズキャリアなどのような転職サイトを活用しても、日給10万以上の求人を見つけることは簡単ではありません。しかし、転職サイトでは様々な麻酔科医の求人も取り扱っているので、たくさんの選択肢の中から自分の希望や条件に合った働き方を見つけることができます。

麻酔科医師のバイトは、数年前までは深刻な麻酔科医師不足によって、かなりバブルな感じのバイト代が提供されている求人も多かったようです。最近では病院側も経営が悪化していることも多いですし、麻酔科医師の数も以前ほど不足しているというわけではないので、バブル感あふれる求人情報は少なくなっています。しかし、麻酔科医師の数が十分ではない病院も全国各地にたくさんありますから、これからも麻酔科医師のバイトの求人募集は安定していると考えても良いかもしれませんね。

麻酔科医師のバイトで気を付けたい点があります。それは、バイトの求人は、基本的には即戦力になる実力を持っている医師が対象になっているという点。実力と経験があれば、バイトでも高額な収入を得ることができますが、新人研修レベルの麻酔科医師では、麻酔科という診療科でのバイトはハードルが高すぎるかもしれません。実力に合わせてバイトを選ぶことも大切です。

女性の麻酔科医のバイト・定年後の医師の麻酔科のバイトは結構多い

麻酔科医のバイトとなると給料は日給や時給、または一勤務での計算となることが多いですが、基本的に残業などはありません。給料そのものは常勤に比べると低くなりがちですが、比較的時間を自由につけるのが魅力でしょう。バイトとはいえ、医師の給料ですから一般的な仕事に比べるとかなり高額になりますし、それだけで生活することも可能ですから、バイトの仕事だけで生計を立てている医師もいます。また、副業が認められている病院に勤務している場合などは、さらに別のアルバイトとして休日に他の病院でバイトの勤務をする医師も少なくありません。そういう意味で女性の麻酔科医のバイトと定年後の医師の麻酔科のバイトは結構多いんです。

麻酔科医の中には結婚後に退職したものの、バイトの麻酔科医として週に数日だけ手術に入る女性医師や、急性期の医師として定年まで勤めた後に、麻酔科医として週に数回勤務する医師などもいます。麻酔科医にとってバイトという働き方は、かなり普通のことになっているのです。麻酔科医は不足しがちであり、負担が大きくなりがちな常勤麻酔科医の負担を減らすためにも、バイトというのは便利な働き方だと言えるでしょう。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.