医師転職情報

麻酔科医の転職事情を年齢別(20代・30代・40代・50代)に分析!

投稿日:

20代の麻酔科医の転職事情

麻酔科医師の転職事例の中でも意外とケースとしてあるのが20代の転職です。医師などの医療従事者の求人情報の場合はほとんど、経験を持つ人を優遇する傾向があるので、20代の転職は圧倒的に他の世代と比べて少ないものですが、麻酔科医の20代転職もなくはないです。

例えば、複数の麻酔科医師を同時に募集している病院では、ほとんどの場合、40代のみ募集、といった求人のかけ方はしません。むしろ、20代何人、30代何人、とそれぞれの年代に分散して募集することが多く見られます。これは、麻酔科医師が全国的に不足していることと、転職率が高いのが原因と見られます。経験年数が高くスキルの高い医師は、どこでも好条件で引き抜きたいと考えているため、病院側にとってはとても重要な人材であるものの、人事という観点からは不安定な層なのです。さらに、麻酔科医師は医局などの影響が少ない科と言われているので、異動が比較的楽で、より好条件の病院に移りやすい傾向があります。そのため、若い20代を確保しておくことで、ある程度の年数勤続してもらえることを狙っているのです。

20代で麻酔科医師転職を検索しているなら、指導医が多く経験年数の長い医師が多い病院を探すと良いでしょう。この年代ではやはり良い先輩医師と共に働いて対応能力を高めることが、スキルアップにつながりますし、将来のことを考えてもとても大事です。 麻酔科の医師として活躍していくには、標榜医や指導医、認定医といったものを取得していくことが大事です。この点で、優秀な先輩医師が揃っている病院は有利です。

30代の麻酔科医の転職事情

麻酔科医師求人では、30代という年代が条件面での大きな差がうまれるところと言えます。どの診療科の医師でもそうですが、医師としてまた専門分野に携わって来た経験年数がとても評価されるものです。そして、麻酔科医師についてはその傾向がより強くなります。そのため、求人情報でも、はっきりと経験年数に応じた給与の額が明示されていることが多いのです。

その中でも、基準となるのが、経験年数5年と10年です。特に、10年以上の年数を超えると条件面では一気に良くなります。例えば、ある地方の病院で、経験年数5年なら年収800万円以上、しかし10年以上なら1200万円以上、という条件で募集していたことがありました。このように、経験年数10年を境に大きく待遇が変わるのが、この世界での基準です。そして、大概は30代半ばでこの年数を満たすことになるので、必然的にこの年代の転職率は高くなります。病院側としては、経験を積んで優秀な人材を集めるチャンスですし、医師としてもより良い条件を求めて新しい職場を探すようになります。つまり、麻酔科医師求人の中でも、とても活気のある市場なのです。 逆の見方をすれば、競争が激しい求人となるとも言えるでしょう。そのため、転職活動を効率よく行うのが、希望の職場に就く秘訣です。

40代の麻酔科医の転職事情

麻酔科医師の転職では、40代、特に前半から半ばにかけての転職も非常に多くあります。それに伴って、麻酔科医師求人の量も多くなっています。40代の麻酔科医師は、30代の転職の理由とは少し異なっています。30代の場合は、経験とスキルがより反映された給与面での好条件の病院を探すケースが多いですが、40代の場合は、勤務体制や休日などの面での条件を重視した求人内容が好まれます。

それにはいくつかの理由が考えられます。まず、体力を考慮した転職です。年間3000以上もの手術に携わることがある麻酔科医の仕事は非常にハードです。20代30代であれば、体力的にも十分カバーできる数ですが、体力が低下し始める40代では次第に難しさを感じることがあります。しかも、当直や緊急手術に備えてオンコール待機などがあると、その負担はさらに大きくなります。

そのため、より負担のかからない勤務先を求めて転職を行うのです。その際には、当直やオンコール待機がない職場が人気となります。中には、表立ってそのような条件を明示していない病院もありますが、40代の経験ある医師を必要としているところで、相談の上で希望を叶えてくれるところも多くあります。まずは、確認と交渉をしてみるのが良いでしょう。また、全体的に言えることとして、麻酔科医師の常勤数が多いところ、若手の医師が多いところを探すなら、比較的その面で自由が利きやすくなります。こうした情報は求人サイトのコンサルタントに相談すると、必要な情報を入手してきてくれるので安心です。

もう1つの理由は、家族の事情です。40代ともなると、子どもが成長してより共に過ごす時間が必要となる時期です。そのため、家族サービスのためにより時間を取れるよう、少なくとも休日が週末に固定されているところが、麻酔科医師求人では人気の内容になります。さらに、有給休暇もしくは長期休暇が取りやすいところも注目が集まる求人と言えるでしょう。このような病院ではたいてい、より多くの人材を集めるために、はっきりとこうした条件を明示しているものですので、検索しやすいでしょう。

50代の麻酔科医の転職事情

医師としての熟練期とも言える50代の麻酔科医師が転職を考える際、麻酔科医師求人をよく精査して、自分の望む条件や勤務体系に合っているかを確認する必要があります。他の年代に比べ、50代でも採用される麻酔科医師求人は若干少なめではありますが、その分好条件の内容が揃っていますので、転職を考える人には好都合です。

50代で転職を考えている人には様々な理由がありますが、その1つは40代のところの解説と同じく麻酔科医師としての業務のペースを落としたい、というものがあります。特に救急指定の病院であれば、時間や曜日に関係なくひっきりなしに手術がありますし、時には勤務日でなくても、コールがあることも。そうした病院で体力を維持しながら、同じペースで働くことには限界があるので、より落ち着いて働ける病院に移動するのは当然のことと言えます。そうした理由で麻酔科医師求人をお探しであれば、それぞれの病院の年間手術数と常勤麻酔科医の人数を把握することは基本と言えます。そうして、どれほどの仕事量があるかを知ることができます。また、勤めている麻酔科医師の年代を見て、若手が多いなら、比較的50代医師は自由が利くので、働きやすい環境と見極めを付けやすくなります。

50代になると、経験や能力も一番良い状態になるので、指導医として現場に立ちながら、後進の指導を行うことが生きがいに感じられるという人も多いでしょう。その際には、20代の若手医師が多く勤務している病院を探すのが一番手っ取り早い方法でしょう。また、病院によっては、どれだけの医師が指導医として働いているかを公表しているところもあるので、そうした情報を見て、不足している病院を優先的に考慮して見るのも良い方法です。こうした情報は、求人サイトのコンサルタントから入手できますので、上手に活用して効率的な求人情報の収集を行いましょう。

この年代では、給与面での条件については、あまり上昇率が高くありません。やはり、若手から中堅に移行する際の上昇率が一番高く、それを過ぎると割合は低くなります。と言っても、多くの人は給与面での改善を求めて転職を考えるというよりは、職場の環境や業務量の変化を求めて、新たな病院を探していますので、あまり問題になることはないようです。しかも、休暇の日数や当直の軽減もしくはゼロ化、勤務時間の減少などを考慮して差し引くと、実質的には勤務時間あたりの給料がかなり上がっている、ということがほとんどですので、相対的に給与面でも上昇すると言えるでしょう。


-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.