医師転職情報

生命保険会社の医師の給料はどれくらい?給料以上のメリットとは?

投稿日:

医師として病院で長年働いていたという方は他業種で医師として働く場合、基本的には給料が少なくなってしまう事が多いので、収入面で転職を躊躇してしまうことも多いようですが、生命保険会社の場合は、企業によっては平均的な医師並みの収入を得る事が出来ますし、給与以外にも得る事が出来るものはたくさんあるので現在の暮らしを変えたいという方は転職を検討してみてはいかがでしょうか。

生命保険会社の平均年収は医師全体の平均年収から見れば比較的低いそうですが、それでも総じていえば勤務医の平均年収並みの給与は得る事が出来るそうなので、恐ろしく生活水準が下がるようなことは無いでしょう。また生命保険会社にも日系と外資があり、外資系の保険会社は比較的年収が高いようなのでなるべく多くの給与を獲たいという方はねらい目かもしれません。保険会社での勤務は主に保険加入希望者の診査や新しい保険の保険金額の設定、従業員の健康管理など多岐に渡るケースが多いため医師としての知識を生かすのはもちろん実務経験も大いに役立てる事が出来るでしょう。

生命保険会社など一般企業で医師として働く場合は給料以上に得られるメリットも多いです。例えば定期的に休みを取る事が出来るというのは一般企業の特権で、急患に起こされることも無ければ夜勤のおかげで生活リズムが不安定になるということもありません。 在の職場で働き続ける体力が無くなってきたという方でも安心して仕事を続ける事が出来ます。女性の方は育児休暇も確実に取る事が出来るので、病院勤務では中々出来なかった子育てへの参加や十分な休みを取った上でな家族サービスなども行なう事が出来るのでより家族とのつながりを大事にしたいという方にとっては病院勤務よりも得る事が出来るものは多くなるのではないでしょうか。

現在の職場を辞めて生命保険会社など今までの職場環境と全く違ったところで働き始めるのはそう簡単に行なえるというわけではありません。スムーズに職場を見つけることが出来ないかもしれませんし、転職先を見つけた後も職場になじんで本格的に仕事が出来るようになるまでには苦労することも多くあることでしょう。しかしそうした努力を経て得る事が出来る新たな生活は決して悪いものにはならないでしょう。保険会社勤務を希望している方は是非ともより良い生活を送れるよう頑張ってください。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.