医師転職情報

沖縄の病院の医師採用情報の具体例

投稿日:

沖縄県立中部病院の医師求人情報

沖縄県立中部病院は沖縄県うるま市字宮里にある総合病院です。救命救急センター、NICU、GCU、500床を超える病床を設置しており、沖縄県中北部の中核病院としての役割を担っています。診療科は内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産科、婦人科など多岐に渡っており、あらゆる分野の専門医が在籍しています。

沖縄県立中部病院ではそれぞれの診療科において、定期的に医師の求人募集を実施しています。基本的に選考は書類選考と面接を通じて行われます。医師免許を持ってさえいれば、専門医資格を持っていなくても専門医として働き始めることができます。専門医を目指している方にとっては適した職場環境と言えるでしょう。なお、勤務時間は8時くらいから17時くらいまでというものが多く、休日は週休二日制となっています。 また 沖縄県立中部病院は周産期新生児専門医研修指定施設の認定を受けており、新生児科という診療科を標榜しています。後期研修医、医大卒業後5年以降で新生児医療に関心のある方、新生児医療従事者に対して積極的に求人募集を行っています。

中頭病院の医師求人情報

中頭病院は沖縄県沖縄市知花にある総合病院であり、内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、感染症内科、血液腫瘍内科、内分泌・代謝内科(糖尿病)、腎臓内科、神経内科などの内科系、外科、消化器外科、肛門外科、呼吸器外科、乳腺外科、心臓血管外科、血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科などの外科系の他、小児科や産婦人科、眼科や耳鼻咽喉科、救急科やリハビリテーション科などの診療科を多数有しています。病床数は合計で330以上に達し、HCUとICUも設置しています。診療実施日における外来患者数は400名以上、入院患者数は300名以上に達しており、地域医療に大きく貢献しています。

大病院である中頭病院には1,000名を超える職員が在籍しており、さまざまな人の中で仕事をすることができます。職員の内、医師は約130名(うち、研修医が20名程度)です。看護部門は約500名、技術部門は約150名、事務部門は約150名の職員が在籍しています。なお、常勤医師は内科医がもっとも多く、次いで外科、小児科が多くなっています。

中頭病院ではそれぞれの診療科において、定期的に医師の求人募集を行っています。特に条件などは設定されていないので、医師免許さえあれば誰でも応募することができます。なお、医師の給与は病院の規定、経験などを考慮して決定されます。詳細な内容は電話で問い合わせてみるといいでしょう。

中頭病院は日本内科学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会、日本腎臓学会、日本糖尿病学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本外科学会など、数多くの学会から研修施設や教育施設としての認定を受けています。教育制度が充実している職場環境があり、向上心さえあれば医師として着実なスキルアップが可能です。

ちゅうざん病院の医師求人情報

ちゅうざん病院は沖縄県沖縄市松本にある病院です。昭和59年、沖縄に初めて開設されたリハビリテーション病院であり、沖縄県本島中部においてリハビリテーションを必要とする患者に広く利用されています。平成18年の現所在地への移転後はリハビリテーション機能を更に強化し、身体障害や慢性疾患に苦しむ患者に専門的なリハビリテーション、看護、介護を行うことで一丸となって社会復帰や家庭復帰を目指しています。

ちゅうざん病院はリハビリテーションを専門とするリハビリテーション病院であり、標榜している診療科はリハビリテーション科のみの単科病院です。ちゅうざん病院には医師、看護職員、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士、薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカーが在籍しており、それぞれの職員がチーム単位で協力して患者の障害の改善、自律機能の向上に尽くしています。人員としては、医師は10名ほど、看護職員は100名ほど、理学療法士は70名ほど、作業療法士は40名ほど在籍しています。

ちゅうざん病院では医師の求人募集を随時行っています。医師免許さえ持っていれば誰でも求人募集には応募することができますが、特に、内科疾患、脳卒中、神経疾患、骨関節疾患などにともなう障害医学、および、プライマリケアに関心がある医師を積極的に求めています。他科からの転科も歓迎しており、就業後にはリハビリテーション科専門医資格の研修を受けることが可能となっています。なお、医師の待遇はちゅうざん病院の規定に基づき、応談の下で決定されます。公式ホームページには詳細な内容は掲載されていないので、待遇について詳しく聞きたいという方は求人募集に応募する前に問い合わせてみるといいでしょう。

また、ちゅうざん病院では外来受診が困難な患者のため、訪問診察、訪問看護、訪問リハビリテーション、訪問栄養食事指導などにも取り組んでいます。訪問医療サービスに興味がある方にはノウハウを学ぶことができる職場環境です。また、ちゅうざん病院は通所リハビリテーションを併設しており、在宅療養を支援する体制が整っています。

ちゅうざん病院はリハビリテーションを必要とする高齢者や障害者が自立した生活、家族と一緒の生活を送ることができるように、地域との連携を通じて地域リハビリテーションの発展にも力を入れています。地域医療に関心がある方にとっては、さまざまなことを学ぶことができる職場環境です。

大道中央病院の医師求人情報

大道中央病院は沖縄県那覇市大道にある病院です。平成6年9月に在宅総合ケアセンター、平成6年11月に辻町若狭クリニック、平成10年4月に介護老人保健施設やすらぎの里、平成11年2月に大道中央リハビリテーション病院、その他、小規模多機能ホームやグループホーム、デイケアなどを次々と開設しており、これらの20を超える事業所による連携によって地域医療を支えています。グループ全体の従業員は約500名であり、若手職員が多い活気ある職場環境です。また、リハビリスタッフは約100名を確保しており、大道中央病院はリハビリテーションに力を入れているリハビリ病院として那覇市ではよく知られています。

リハビリテーション科の他、大道中央病院は内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、内分泌内科、糖尿病内科、人工透析科、皮膚科、形成外科、美容外科の診療科を標榜しています。これらの診療科では常勤の医師の求人募集を定期的に行っているので、興味がある方は小まめにチェックしておくといいでしょう。 大道中央病院は24時間365日、何時でも患者に対応できる医療体制を構築しています。そのため、医師や看護師などの職員は週休二日制ではありますが、土曜出勤、日曜出勤、祝日出勤が発生する可能性があることは頭に入れておきましょう。

沖縄県立北部病院の医師求人情報

沖縄県立北部病院は沖縄県名護市大中にある総合病院です。地上六階、地下一階からなる大きな病棟を有しており、病床数は320床以上、人工透析器は30台、駐車場は外来と職員をあわせて440以上を数えます。放射線技術部門においてはMRIやCTや循環器X線診断システム、臨床検査部門においては全自動生化学分析装置や全自動血液ガス分析装置や全自動免疫染色システム、手術室においては硝子体手術装置や移動型外科用X線テレビ装置や超音波白内障手術装置などを設置しており、最先端の高度医療を行っている総合病院です。

沖縄県立北部病院には内科や呼吸器内科や循環器内科や神経内科などの内科系、外科や整形外科や形成外科や呼吸器外科や脳神経外科などの外科系の診療科をはじめとして、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科、産科、婦人科、麻酔科など、さまざまな診療科を標榜しています。これらの診療科では人員補充や人員増員のため、定期的に求人募集が行われています。募集形態は正職員の場合もあれば、臨時的任用の嘱託社員の場合もあります。基本的に、医師免許さえ持っていればどの診療科の求人募集にも応募することが可能です。実際の医療の現場で専門的な知識と技術を身につけることができます。

医師の給与は沖縄県病院事業企業職員給与規定に基づいて支給されます。すなわち、経験年数に応じて給与等級が決定されるという方式です。転職後にガクッと給料が減ってしまうということは少ないため、給与面での不満は抱き難い職場環境と言えるでしょう。また、職員に応じて、医師手当、夜間看護手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、時間外勤務手当、休日勤務手当などがつきます。

南部徳洲会病院の医師求人情報

南部徳洲会病院は沖縄県島尻郡八重瀬町字外間にあり、病床数は約350床を数える大病院です。診療科は内科、循環器科、外科、呼吸器内科、心臓血管外科、産婦人科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、皮膚科、肛門外科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、眼科、小児科を標榜しています。

南部徳洲会病院では随時、医師の求人募集を行っています。医師の給与については南部徳洲会の法人規定に基づき、面談を通じて決定されます。原則的に、休日は土曜日半日、日曜、祝日です。南部徳洲会病院は年中無休、24時間何時でも利用できるオープンな救急医療体制を構築しており、医師は月に数回ほど当直を担当することになります。なお、夏場には夏季休暇が用意されています。また南部徳洲会病院では医師の専門技術と専門知識の向上のため、学会の参加費の支給制度を導入しています。研究や勉強に対して前向きな医師にとっては嬉しい職場環境です。

南部徳洲会病院は昭和54年の開設当初より、研修医の受入と教育にも力を入れています。救急患者を断ることなくどのような症状にも対応できる医師を理念として掲げており、研修医が一人前の医師になるために実践的な能力を身につけることができる職場環境があります。また、南部徳洲会病院では医師だけでなく、看護師などのコメディカルスタッフとともに研修医を育てていくという教育体制があり、それぞれの職員の専門性を活かしたチーム単位での働き方を身につけることができます。

大浜第一病院の医師求人情報

大浜第一病院は沖縄県那覇市天久にある病院です。救急・総合診療科をはじめとして、外科、関節外科、形成外科、手の外科、脊髄外科、眼形成眼窩外科、心臓血管外科などの外科系の診療科を多数標榜しており、急性期病院として充実の体制があります。また、リハビリテーション科を標榜し、総合リハビリテーション施設を保有しており、回復期のリハビリテーションにも対応することができます。その他、在宅医療にも積極的で訪問診療、訪問看護、訪問栄養指導、訪問服薬指導、訪問リハビリテーションなどに取り組んでおり、それらを通じて地域の在宅療養ニーズにも大きく貢献しています。その他、大浜第一病院は患者の痛みの緩和を目的とするペインクリニックにも取り組んでいます。

大浜第一病院ではそれぞれの診療科の医師の求人募集を定期的に行っています。医師の場合、勤務形態は正職員、給与は経験者優遇となります。日直や当直もあります。大浜第一病院の医療サービスは地域との連携に主眼を置いているので、求人応募においては専門的な技術や知識の他、コミュニケーションスキルなどを推していくといいかもしれません。

沖縄リハビリテーションセンター病院 の医師求人情報

沖縄リハビリテーションセンター病院は沖縄県沖縄市比屋根にあり、地上8階と地下1階からなる病院です。リハビリテーション科、内科、整形外科、精神科、脳神経外科を標榜していますが、病院名に冠する通りその中でもリハビリテーション科を主としています。リハビリテーションを行う患者のため、病院内には430平方メートルのリハビリガーデン、902平方メートルのリハビリ専用施設、高度リハビリ関連手術に対応しているバイオクリーン手術室、リハビリスタッフの養成学校などの実習施設などを保有しています。

リハビリテーションに力を入れていることから、沖縄リハビリテーションセンター病院の利用者は健常者の他、高齢者や障害者も多くなっています。こうした方々のため、院内に福祉用具展示コーナーを設けています。定期的に入れ替えも行い、高齢者や障害者の生活水準の向上に役立つ機器の案内を行っているのです。また、車の運転をする方のため、左足でのアクセル操作、片手でのウインカー操作ができる補助装置を導入した訓練用車両も設置しています。また、自律困難な方などを対象とした脚装具は豊富にあり、毎週二回、リハビリテーション医師による装具外来も行っており、装具業者による装具の適合、調整も定期的に行っています。

沖縄リハビリテーションセンターは正職員の常勤医師の求人募集を随時行っています。給与は経験年数次第ですが、医師免許を取得してから10年程度の医療従事経験がある方は年収1000万円オーバーも可能となっています。また、条件次第ではありますが、週四日勤務ができる場合もあるようです。高齢に差し掛かっており、スローペースで働きたいと考えている医師にとっても適した職場環境と言えるでしょう。また、沖縄リハビリテーションセンターはリハビリテーションに力を入れていますが、リハビリテーションに携わった経験のない医師の転科も歓迎しています。

沖縄赤十字病院の医師求人情報

沖縄赤十字病院は沖縄県那覇市与儀にある総合病院です。地域の医療機関と密着して地域医療に大きく貢献しています。診療科は内科、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科、歯科口腔外科、眼科、皮膚科、耳鼻咽喉科、産婦人科、循環器科、泌尿器科、放射線科、麻酔科などを持ち、東洋医学の見地からなる漢方外来などにも取り組んでいます。沖縄赤十字病院は基本的な病気や怪我を始めとして、さまざまな不定愁訴にも対応することができる総合病院です。

沖縄赤十字病院ではそれぞれの診療科で医師の求人募集を行っています。求人募集を公開していない診療科も求人を募っている場合があるので、就職や転職を考えている方は積極的に問い合わせてみるといいでしょう。給与は日本赤十字社給与規定によって決定されるので、応募時に問い合わせてみるといいでしょう。手当として、通勤手当、住居手当、扶養手当、医師保険手当などがつきます。当直手当も別途支給されるので、当直が多い月などは実入りが多くなります。また、賞与は年2回あります。

豊見城中央病院の医師求人情報

豊見城中央病院は沖縄県豊見城市字上田にある総合病院です。内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科などからなる内科系の診療科、外科、呼吸器外科、消化器外科、血管外科、心臓血管外科、移植外科、脳神経外科、形成外科、美容外科などからなる外科系の診療科があり、その他にも小児科や産婦人科、歯科や眼科や耳鼻咽喉科や皮膚科、精神科や麻酔科や放射線科などの多数の診療科を標榜しています。専門外来も多岐に渡っており、あらゆる患者の医療ニーズに対応することが可能です。

豊見城中央病院では医師の求人募集を随時行っています。医師の求人募集は常勤のものもあれば、非常勤のものもあります。相談に応じて勤務形態や勤務時間を決めることができるので、自分が望む働き方ができます。なお、待遇については経験などを考慮して決定されるので、詳細な内容を知りたければ電話で問い合わせてみるといいでしょう。採用は書類選考と面接を通じて行われます。

豊見城中央病院は南は沖縄、北は北海道まで、全国から研修医が集まる人気の病院です。遠方から研修に訪れている研修医のために、豊見城中央病院は宿舎を用意しています。研修医は宿舎を利用する場合、病院既定の家賃補助を受けることもできます。 教育制度が充実している豊見城中央病院には研修医が勉強に専念できる職場環境があり、学会などの参加も業務調整によって可能となっています。また、学会で発表を行う場合は費用補助が出るので、研究に対してより前向きに取り組むことができます。


-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.