医師転職情報

医師が沖縄勤務で高年収になる方法

投稿日:

沖縄で高収入な求人を探すには、勤務地が離島の医療機関に着目すると良いです。医師不足問題が深刻になっている離島では、高額でスキルを持った医師の引き合いがあります。離島はそもそも医師だけでなく看護師なども不足していて離島看護師ですら年収700万保証などが出ているほどです。医師の場合は実務経験が長いほど収入は高い傾向にありますが、若い医師でも年収2000万円以上で雇用されることがあります。沖縄の医療機関で働く医師給与が1000万円~に比べると、かなり高収入が期待できる職場になっています。

しかしこれだけの高収入であればデメリットもいくつか存在します。離島の病院や診療所で勤務する場合、常勤で募集されていることが多く移住を決めなければいけません。都心から地方の離島に移住することはそう簡単なことではありません。交通不便や物資の不足はもちろん、医療機器が充実していないこともあります。そのため離島に常在する医師は、他の医師よりも高いスキルを必要とするケースがあります。また勤務先によっては常に緊急要員として待機する必要があり、なかなか心身ともに休むことも難しくなります。人材が少ない分、一人の医師にかかる負担は大きなものです。

しかし離島に就職してから収入が倍以上になったというケースも多く上げられているため、収入を取るか生活を取るかの極めて難しい選択肢を余儀なくされることがあります。中には3000万円以上でオファーしてくる医療機関も存在するので、高収入であることに間違いはありません。あくまでも高収入を目的としている人には向いている職場と言えるでしょう。 沖縄は他の県に比べても離島の数が多く、有人島は約40存在していますので仕事を見つけるチャンスは十分にあります。

また医療機関が少ない離島で開業医をする方法もあります。もちろんある程度のスキルを必要としますが、開業医の月収は平均で250~300万円と言われているためかなりの高収入が期待できます。その分仕事のボリュームも多くなりますが、年収2000万円以上も十分可能です。

もし高年収で沖縄で働きたいのであれば医師求人サイトの利用をおすすめします。収入のレベルで求人情報を選ぶことが出来るため、効率的に高収入求人を見つけることが可能です。専任のコンサルタントと相談することで、より自分に合った条件の医療機関を紹介することもできるので是非活用してみると良いでしょう。


医師不足エリアなら非常勤でも年収は高い

沖縄エリアでは非常勤の医師の求人も多いので、探せば比較的簡単に非常勤求人は見つかるでしょう。非常勤の医師の場合は、基本的に日給で給料を計算し、週に数回の契約で診察を行うことになります。沖縄でも非常勤で働く医師は多く、病院側も非常勤医師の採用には積極的です。医師の場合は他の職種と違って非常に日給が高いのが特徴で、1回の勤務で4~12万円の報酬があります。つまり、週2回程度の勤務で一般的な職種と同じくらいの給料は得られるということです。それだけ専門性の高い仕事であり、病院には必須の人材ですので、高待遇で迎えられるということになります。

この日給の高さから、沖縄の場合は非常勤のみで働く医師も少なくありません。沖縄は医学部のある大学が琉球大学しかないということもあって、他県から転職してくる医師も多いです。その場合に、沖縄での生活を満喫したいという動機で転職する医師も多いため、比較的休みの日が多かったり、自由に勤務日を調整できる非常勤医師は人気が高いのです。

また、沖縄はたくさんの島から構成されており、どうしても島の中で医師を充足させるのは難しい場合もあります。その場合に、遠方から非常勤の医師を招いて週に数回でも診察してもらうケースもあります。そんな場合は、求人の必要性も高いため、非常に高い報酬が提示されるうえ、もちろん交通費や現地での滞在費などもすべて支給されるため、医師にとっては高待遇の求人も多いです。

もちろん非常勤なので、雇用の保証はありませんが、医師の場合はたとえ契約終了となっても、別の病院での仕事は見つけやすいので、自分の時間をゆっくり持ちたいという医師には非常勤のみという働き方もいいですし、もちろん沖縄にも常勤プラス非常勤で働いて、高い年収を得ている医師も多いです。とはいえ、勤務地や報酬、診察内容などに細かい条件が気になる場合はピンポイントでの求人が見つからないケースもあるので、その場合はやや時間をかけて探す必要もあります。ある程度条件を広く設定すれば、沖縄での非常勤医師の求人が見つからないということはないでしょう。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.