医師転職情報

外科医の転職のコツと外科医が転職時に使うべきサイト4選

投稿日:

外科医の方が転職する際は是非医師転職サイトを使いましょう。利用方法は非常に簡単です。大まかに言って、

1、 医師転職サイトに登録
2、 転職 サイトスタッフと面談
3、 病院と面談
4、 転職

という4ステップの流れになります。少し詳しく見てみましょう。

1、医師転職サイトに登録
まずはどこか特定の医師転職サイトに登録を済ませてください。登録料も利用料も永久に無料です。なぜ無料で利用できるのか、その理由は簡単で、病院の側が医師求人サイトに利用料を払っているからです。ご存じの通り、外科医の人材は不足しています。病院の側はのどから手が出るほど人材を欲しがっています。その人材をあっせんしてあげる見返りに、医師転職サイトは病院の側から手数料を受け取るのです。その結果、先生たちは登録、利用にお金が必要ないのです。

外科医が転職する時に使うべきサイト4選

①リクルートドクターズキャリア

・転職のリクルートが提供する、医師専門の転職支援サイト。外科医の転職実績でナンバーワンです!
・医師の転職を支えて30年以上の実績!2000万円以上やQOL重視の求人など選択肢は豊富!
・条件のいい非公開求人も1万件以上! 常勤・非常勤・スポットなどいろいろな求人が有り!
・リクルートの転職ノウハウを豊富に持った専属キャリアコンサルタントが転職をサポート。
・登録は完全に無料。利用料も永久に無料。登録は簡単で1分。利用は将来何度にわたってもOK!
転職を成功させた外科の医師も多く満足度も抜群。年収、QOL、子育てなどいろいろな夢を実現可能。
・転職までのステップはたったの5つ。申込、連絡、紹介、面接、内定と全てを完全フォロー!
・リクルートはグループで年間100万人以上の転職を支援!そのノウハウが完全無料で手に入る。外科医の先生にお勧め!

②エムスリーキャリアエージェント

・東京・愛知・大阪など大都市圏を中心に、内科医求人は1万件以上、外科医求人は5千件以上!
・転職希望の医師登録実績は12ヶ月連続ナンバーワン!20万人以上の医師が登録するサイト。
登録作業はたったの1分。その後は専属のキャリアコンサルタントが完全に転職をサポート。
・常勤・非常勤など求人もいろいろ。アルバイト希望から完全転職まで全てのニーズに対応!
・転職を成功させた医師のインタビューも豊富。具体的な転職のイメージがしやすいサイト!
・転職支援キャリアコンサルタントも顔写真付きで紹介。とにかく信頼感が抜群のサービス。
・有利な条件が多い非公開求人も2千件以上!登録後は地域、診療科、施設区分などで検索可!
医師の転職成功事例も豊富!転職で成功するためのポイントやノウハウをいろいろ学べる

③医師転職ドットコム

業界最大級!全国3万件以上の求人の中から完全無料でお好みの転職先を探せる転職サイト!外科医の転職はお任せ!
・フリーダイヤルの求人紹介ならば、60秒で転職先の紹介が可能!携帯・固定電話どちらも可!
・転職支援コンサルタントの紹介も顔写真付で安心。転職支援のプロフェッショナルが集結。
・非公開求人に加えコンサルタント厳選求人も有り。とにかく有利に転職したいならお勧め!
・勤務地、科目、年収、勤務日数、仕事内容、役職、施設など、いろいろな条件を厳選可能。
・開業希望の先生にもサポート有り。必要資金の算出、収支予測、事業計画作成の補助有り。
・仕事と育児を両立したい女性医師にもお勧め。女性医師の転職事例も豊富に揃っている。

④JMC

・適性に悩む外科医にお勧め。無料のかんたん適正診断サービス有り。進路に迷う先生必見!
・医師の転職やアルバイト探しを、完全に無料で最後までサポートする優良転職支援サイトです。
・キャリアコンサルタント厳選の求人特集も有り。とにかく有利な転職をしたい先生は必見です!
・ホームページ上には医学生、研修医、医師のためのドクターアカデミーなど、情報が豊富!
転職事例も豊富。キャリアブレインを使って転職を成功させた医師の生の声もチェックが可能。
・文字だけでなく、動画による求人紹介サービスも有り。感覚的に転職先の様子が判断可能!
・登録後にプロフィールを保存すればスカウトも受けられるため、急がない先生にもお勧め。
・先生の希望を尊重する転職キャリアコンサルタントが多数在籍。マンツーマンの転職支援!

2、求人サイトスタッフと面談
登録を済ませると、先生の下へ医師転職サイトのスタッフから連絡が入ります。基本的に先生1人に専属スタッフが配属されます。そのスタッフと電話面談、あるいは面談を行ってください。先生の希望年収や勤務地、勤務形態などを遠慮せずにどんどん伝えましょう。伝えれば伝えるほど、スタッフの方も仕事をしやすくなります。現在、外科医の求人はいくらでもあります。その中から先生にぴったりの求人をスタッフが見つけてきてくれるので、遠慮せずにどんどん希望条件を提示してください。

3、病院と面談
転職サイトのスタッフから提示された病院を気に入ったとします。すると今度は実際に病院側との面談が行われます。求人サイトのスタッフも面接に同行してくれます。外科医の先生の言いにくい要求も代弁してくれるので、非常に心強いです。病院までの送迎も求人サイトのスタッフが行なってくれる場合が多いです。大いに甘えてしまいましょう。

4、転職
病院との面談を終え、双方に異論が無ければ外科医としての転職成立です。今の職場の退職、新しい病院への転職に必要な事務作業も求人サイトのスタッフが代行してくれるので、非常に便利です。仮に転職先が遠方の場合は、不動産探しの補助などもしてもらえる場合があります。先生は求人サイトのスタッフに任せておけば新しい環境にストレス無く飛び込めるのです。

以上が外科医求人サイトの利用手順でした。繰り返しますが登録も利用も完全に無料なので、使わない手はありません。まずは「外科医が転職する時に使うべきサイト4選」の中から好きなサイトを選んでみましょう。今すぐ転職をする予定の無い先生でも、登録だけ済ませておいた方が、早めの準備ができるので得をする可能性が高くなります。上手に利用してください。

外科医が転職で失敗しないために・・・

外科医の先生で転職が初めてであれば恐らく転職活動に対して不安もあると思いますが、転職活動を成功させるためにはどうすればいいでしょうか?上記で説明したような転職サイトのサポートは受けるにせよ転職は一発で決めなければなりません。是非以下のポイントを押さえて転職活動に臨んで下さい。

★情報収集に始まり、情報収集に終わる
外科医の転職成功のポイントの最重要項目は情報収集です。ただし情報収集と言っても2種類の情報収集が特に大切で、「自分の希望が本当に実現できる転職先なのか」「転職先がどのような理由で医師を募集しているのか」の2つの情報収集が肝心です。両方押さえないと後悔するので、しっかりとリサーチをしてください。

(1)自分の希望が本当に実現できる転職先なのか
先生はなぜ転職を希望されるのでしょうか?仮にその理由が、自分の力をもっと発揮したいという動機だったとします。そうであればその動機が満たされるような職場を選ばなければ意味がありません外科医として症例数をもっと積みたいと思っているのに、先生よりも年次が上の医師ばかりがそろった病院に入れば、病院全体の症例数が多くても先生には執刀のチャンスが回ってこない可能性もあります。あるいは医師の問題でなく、ナースステーションの質の低さにより満足のいく仕事ができなくなる可能性もあります。

(2)転職先がどのような理由で医師を募集しているのか
同時に、転職の際には病院側の本音を探る必要もあります。人材を募集する以上は何か理由があるはずです。決して安くはない人件費を払ってまで先生を採用したいと思う病院には、必ず理由があります。表向きの理由でなく本当の理由を探る必要があるのです。例えば病院側はオンコールの要因を欲しがっていたとしても、表向きには「オンコール対応はほとんどない」などと求人票に表明してくる場合もあります。QOLを改善しようと思って医局を離れたのにもかかわらず、転職しても2日に1回オンコール対応をさせられるようになったなど、失敗例はいくらでもあります。「ほとんど」というあいまいな表現を信じるのではなく、病院側の隠されたニーズを把握する必要があるのです。

★情報は医師求人サイトなどで仕入れる
ただ、上述のような情報は外部の人間には分かりづらいです。求人票には裏側の情報など出てきません。むしろ巧妙に隠されている可能性すらあります。転職を考える外科医の先生たちは、内部事情を含めた病院側の全情報を引っ張ってきてくれる、ある意味の「密偵者」を持たなければいけないのです。「外科医が転職する時に使うべきサイト4選」がそれにあたりますので是非ご参考下さい。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.