医師転職情報

件数は少ない!ニッチな医師の求人案件の事例

投稿日:

ケアミックス病院

一般病院やクリニック、療養型病院などと違って、ケアミックス病院という言葉を見たり、聞いたりしたことが無かったり、意味が理解出来ていなかったりする人も少なくないのではないでしょうか。

ケアミックス病院では、急性期の患者と回復期の患者、介護が必要となる高齢者などのすべてを受け入れ、病気や怪我の治療や入院、手術などに加えて、介護や看護、リハビリテーションなども併せておこなわれるケースが多いようです。この種の施設では、急性疾患で入院した患者の他に、慢性疾患や長期入院を余儀なくされる患者に対するケアをもおこなうことが必要となってまいります。そういった意味合いからすると、ケアミックス病院の医師には、どのような職場に配属されたとしても、フレキシブルに対応することの出来る能力が求められてくると思われます。こういった種類の病院は、高齢者に対する介護をおこなうための施設も充実している傾向が強いようです。したがって、高齢化が進んでいる昨今の情勢に於いては、数多くの求人案件が存在すると考えられるケースが少なくありません。

老健

老健とは、介護老人保健施設を省略した呼び方になります。こちらの施設では、病気や怪我の症状が安定した高齢の患者が、自宅などに於ける日常生活をとどこおりなく送ることが出来るよう、リハビリテーションがおこなわれることになっております。この種の施設では、原則として、3カ月までのリハビリをおこなって、最終的には自宅へ帰ることを目的としているという特徴があります。老健では、自立した生活をおこなえるようにするためのケアがおこなわれますので、方向性が明確に定められているという特徴があります。したがって、明確な目標を設定し、それをクリアするために努力したり、達成感を得たりすることに多くの価値を見出す人には、向いている職場と言えるのではないでしょうか。

ただ、そういう風に、リハビリに対して積極的に取り組んでいる施設が数多く存在する一方で、特別養護老人ホームの空きが出るまでの間、代替的に老健が利用されるケースもめずらしくないです。そういった事情があることを考慮に入れると、老健ではたらく医師を募集している求人案件に応募する際には、志望先の医療機関が、それらの内、どちらの特性を有しているのかを、正しく見極めることが重要なファクターとなるでしょう。また、療養型病院を削減するという政府の方針が決まってからというもの、老健に対するニーズが高まっているという流れもあります。

外資系製薬会社

外資系企業の中には、グローバルスタディーと呼ばれる、世界的な規模でおこなわれる新薬の開発にたずさわっているところが少なからず見受けられます。そのような業務を執りおこなうためには、専門性の高い医学知識を有する臨床医師が先頭に立って、リーダーシップを発揮し、統括・指揮をおこなうことが、仕事のクオリティを高めたり、開発のスピードを速めたりする上では必要不可欠なファクターになると考えられます。

実際問題として、国内に存在する外資系製薬会社の中には、本部長クラスやメディカルアドバイザーなどといったステイタスを有するスタッフとして、数多くの医師を採用しておりますが、それでも未だ、スタッフの絶対数が不足しているのが実情になるという話です。そのような状況の中で、内資系の製薬企業の中にも、外資系企業と同じように医師を採用したいと願うところが多くなってきておりますが、実際には、なかなか採用がおこなわれていないということです外資系製薬会社に勤務すると言葉の問題や勤務環境の問題など難しい点も多いですが、画期的な新薬を開発し、市場へ出回らせることが出来たとすれば、今までは不治の病とされていた疾病を治療したり、より一層効率よく、数多くの患者を救ったりすることが可能となるでしょう、そういった意味合いからすれば、外資系製薬会社では、医療機関の臨床医とは異なるやりがいや、高い収入を得ることも夢ではないと考えられるのです。

保健所

保健所で勤務する医師も少なからずいます。医療機関に於いては、疾病や怪我の診察や治療、手術、入院患者のケア、リハビリテーションの実施などが主たる業務内容ですが、保険所では、感染症や結核、難病などの未然防止や対策、がんや生活習慣病、妊婦、乳幼児、エイズなどに対する検診の実施、食中毒の原因調査などが業務内容です。

かつては、保健所長は、医師でなくてはいけないという法律上の取り決めが存在していたそうです。しかしながら、昨今では、医師の数が不足してきていることから、一定の条件を満たせば、医師のライセンスを有さなくとも、保健所長に就任することが出来るようになりました。そういった事情があることから、保健所の勤務医を募集する求人案件は、この先減少する傾向が見られるのではないかと考えられます。

レーシックリニック

レーシックはテレビや雑誌でも紹介されるほど人気の高い手術です。簡単に言うと視力を回復させるための手術で、名医と呼ばれるほどに経験を積めばその給与面の影響も非常に大きいでしょう。特に眼科やクリニックでの求人事例を見ると、非常勤ならば1年目は1,000万円、2年目で1,600万円など非常に高額となっており、常勤ならば1年目から2,000万円というとても魅力的な年収を提示している場所もあります。技術的に難しくより高度な医療でもある眼科医ではありますが、その働きに見合った給与を貰える求人です。

レーシックについては未経験の医師も多く居ますが、これを募集するクリニックではしっかりと指導を行うので医師としても、患者としても安心して利用できるのが嬉しいところですね。これらの求人も、今ではインターネットや広告などで簡単に見つけることができるので、自分の気に入った職場を探して常勤、あるいは非常勤として働くことが出来るのです。今でも様々な眼科などで医師を募集しています。レーシックもそうですが、それに限らず様々な業務があるので、幅広く技術を有する医師は引く手あまたかもしれませんね。

刑務所

刑務所での医師の業務としては受刑者の健康診断をはじめとして、医療指導や医療的措置を行います。毎日の労働や栄養管理が行き届いた食事があっても、どうしても病気になってしまうことがあるため、医師は必要になってくるわけですね。

また、刑務所というのは国が管理している場所なので、刑務所での勤務医になるということはすなわち、国家公務員になるということを意味するのです。なので基本的に他の病院へのアルバイトなどは禁止されていますが、倒産の心配もなく安定して仕事ができるという国家公務員という立場というのはとても魅力的なものですよね。刑務所という性質上どうしてもマイナスイメージがある場所ですが、閉鎖的な空間のため毎時間怒涛のように患者が押しかけるということもそうそうありませんし、無理せず自分のペースで仕事を行える環境とも言えます。

ニッチな医師求人に出会うには?

上記のように、求人数が少ない医療機関の求人情報を見つけるには、どのような方法が効率的でしょうか。それは、できる限り多くの医療求人情報サイトに登録しておく事でしょう。それは、日本には100程度の医療求人情報サイトがあり、それぞれのサイトによって得意とする職の種類が異なっているので、色々なエージェントに登録しておく事で、情報を見つける事ができる可能性が高くなるからです。また多忙期などは、非公開求人として転職サイトが医師を求める可能性もあるので、転職を希望している場合には最も効率的に情報を集める方法になります。そして、実際にその医療機関に応募をする以前に、果たして安心できる場所か、経営はしっかりとできているのかを調べておく事が重要ですが、そういった点も転職サイトの担当者がより詳しい情報を調べてくれるので安心です。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.