医師転職情報

医師の転職と年齢(30代・40代・50代の転職の比較)

投稿日:

30代の医師転職

30代といえば、まだまだ将来に可能性を見出せる年代です。しかも、いま現在勤めているトコロへの不安や文句がついてまわるこの頃じゃないでしょうか。とあるデータでは転職したい30代医師の理由としては、キャリアアップを目的とした転職が多いそうです。今までの自分の人生と、これからの人生を比較できる年代でもありますし、そういった意味合いでは人生を見直す基点になりえる時期かもしれません。

医師として将来的に独立、開業を目指すか、一生を病院の医師として過ごすかどうかも、この時期の後半(30代後半)あたりに考えるのではないでしょうか。人生を見直す基点となりうる30代ですから、まだまだ多くのチャンスに手が届きます。転職して新しい職場につくにしても、開業に動き出すにしても可能です。ただ転職する場合はきちんとスキルアップができる病院を探したり年収アップができる病院が探したり自分の希望が叶うように情報収集することが大事です。。今はなんでも情報の世界ですからね、なるべく早い段階でいいネタを入手しておくのが得策かもしれません。

40代の医師転職

40代で転職するとなると20代、30代のように「もっともやりがいのある職場を求めて」といったケースはあまり考えられませんし、「キャリア形成のためにレベルの高い環境を求めて」といった理由もそんなに現実的ではありません。では医師の40代での転職はどういった理由から行われるのでしょうか。あるアンケートの結果を見るとまず考えられるのが「独立」に関わる理由です。長年勤務医として働いてきた医師が40代に入って思い切って独立に向けて動き出すケースは多いです。そのために「独立のために役立つスキルが身につく職場」を求めて転職するケースがあります。

独立とも関わってきますが、もっとゆとりのある環境で働きたいという理由もよく見られます。40代までは体力的にも無理がききますが50代ともなるとなかなかそうもいかなくなってきます。50代を見据えた時に、これまで精力的に働いてきた医師もそろそろゆとりのある環境で働きたいと考えるようになるのです。年収がダウンするのを覚悟の上でゆとりのある職場への転職を目指すケースが見られます。もちろん、医師の需要は常にありますから、40代でも求人情報を見つけることは可能です。

50代の医師転職

50代となれば退職を意識してくる年代です。高齢化の進行などから悠々自適の生活を送ることが難しい時代になっていると言われますが、これまで一生懸命働いてきた人にとってはゆんびりした生活を送りたいと思いはじめる時期かもしれません。さすがに50代でキャリアアップややりがいという理由で転職する人は20代・30代・40代に比べると減ってきます。体力面・精神面両方でこれまでの勤務が辛くなった場合にゆとりのある環境で働きたいと感じた場合に転職がよく見られます。例えば手術を頻繁に行う業務の場合、年齢による体力・精神力の衰えが大きなマイナス要因となります。そのプレッシャーがますます精神的な負担となってしまうことも少なくありません。50代ともなるとこうした環境から退き、もう少しプレッシャーの少ない環境で働きたいと望む医師も増えてくるのです。 では医師の50代での転職は可能なのでしょうか、医師の資格に年齢の上限はないため、可能ならば生涯現役で働き続けることが可能です。そのため50代での転職も決して非常識なものではありません。実際に求人を検索しても、医療機関はもちろん、検診業務、福祉・介護関連施設から生命保険会社まで、じつに幅広い分野からの需要があります。医師としての豊富なキャリアがあることが歓迎されることなどが理由です。一般の求人サイトはもちろん、転職エージェントを利用してさまざまな求人情報を探してみましょう。当直なしはもちろん、週4~5日程度の勤務でも可能なところをたくさん見つけられるはずです。

医師には定年がない?!

基本的に医師資格には年齢制限がありません。要するに70歳でも80歳でも技術・能力が満たされていれば医療活動が可能であるという事です。これは運転免許と同じで、ご自分の技能が基準に達していれば取り消しが無いという意味なのです。ただし運転免許では更新のためのチェックが入りますが、医師には更新の必要もありません。

という事からすると、医師資格に関しては定年制度が適応されません。しかし職場によっては事実上の定年があります。それは公務員系の医師です。国立・県立などの公営病院や医療団体では、待遇が公務員扱いですので、働いている医師には定年制度が適用されます。その年齢は65歳までとなります。また、病院によっても定年を設けるケースがあります。民営の場合でも65歳で定年にするところもあるので、これから就職をされる方や転職をお考えの方は、目当ての職場がどのように定めているのかを事前にチェックをすると良いでしょう。とは言いましても、民営病院では定年まで長期務めあげた実績をもつ医師を、院長や役員といった幹部に昇格する場合がよくあります。またもし定年になっても、フリーランスになってアルバイト・パートの臨時医師として働くケースもあります。例えば65歳まで公務員系の医療機関で医師活動をして、定年後に独立するかフリーランスとしてそのまま医師を続けている方が多くいます。

それから独立開業医ならば定年を気にする必要がありません。ご自分の病院・クリニックでは、ご自分の判断で引退時期を決める事ができます。ですから定年ではなくて、自主辞職という形になるでしょう。要するに自営業者と同様な形を採っているのです。そういう意味ではフリーランスの医師や非常勤医師のケースも同じ事が言えます。正規医師ではないので、定年に左右される事がありません。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.