医師転職情報

医師の開業について(新規開業と継承開業)

投稿日:

ある期間病院での勤務医として医療に従事し、スキルも付いてきたし報酬の向上も図りたい、そういった場合に自ら病院を開業を考える医師の方も多いでしょう。中には、医師を目指した時点から開業を目標に置いて業務に励んできたという方もいらっしゃるかと思われます。

しかし、いざ開業となると、ゼロから自分で立ち上げるわけですから考えなくてはいけないことは実に膨大です。まず一番先に頭に浮かぶ要素である開業資金1つを取って見ても、新たに土地を購入するのであればその購入資金、ビルテナントに入るのであれば購入か賃貸か、そして院内の設備は購入かリースか、どういったものを揃えるか…それぞれの条件にもよって、かける費用は変わって来るでしょう。

また、自ら新たに立ち上げる新規開業か、身内または第三者から設備等を受け継ぐ継承開業という方法かにもより、かかる経費は確実に違ってきます。継承開業であれば、何も無い所から土地や不動産・医療設備を購入する手間が省け、譲渡前の病院の状態をそのまま引き継ぐことになるので、大幅なコストダウンにつながるでしょう。また、それゆえに準備期間が短くて済む・従来の患者をそのまま引き継げるので集客の手間も省けるなど、メリットは多い方法といえます。

一方、継承開業におけるデメリットもないわけではありません。以前の経営者と違ったスタイルでの運営が難しくなる・営業権や不動産などの諸権利の引き継ぎは煩雑・従来の患者、スタッフとの折り合いがつきにくい場合もある・自分好みの立地や設備等を選べない などといった要素が挙げられ、トラブルや設備の大幅改修などが付いてくる可能性も考えられるのです。

その点、開業資金全般はかさむものの全てを自分で決定できる新規開業であれば、立地や施設の建設・設備のラインナップなどなど、自分で納得するものを全て選択することができるわけです。さらに、施設を新築する場合は新しい病院として新規の患者が訪れてくれる可能性も見込めます。

いずれの方法を取るにしろ、上記は開業に関することのほんの氷山の一角でしかなく、その他資金の借り入れ方法や各種権利関係・開院と開業にかかるそれぞれの手続き、スタッフの採用、その他諸雑務などやるべきことは非常に多岐にわたります。今まで既存の施設で既存の設備のもと既存のルールに従って業務に当たっていた勤務医の方には、初めてのことだらけで手いっぱいになることもあるでしょう。

開業に向けて転職した医師の口コミ

自分は将来的に地元で自分のクリニックを開業すべくその準備段階として新設クリニックの経営陣(副院長)として転職をしました。医師として働く場合、病院での勤務を経た後に、開業医として個人の診療所を開く人も少なくありません。それは、開業医としての収入は病院の収入よりも多く、平均で2000万円程度の年収がある点が大きいです。私もその考えに賛同する1人です。開業は今まで以上に開業医の性格や技術力が問われる時代になっていると思いますのでその鍛錬のためにも一度雇われ経営者をやってみようと思いました。

開業に向けての転職を考えている場合には、ただ単に収入の面だけを考えるのではなく、一人で働く場合の責任の重大さを知る事ができて一人一人の患者を考えた診察を心がけていける職場がベストだと思います。やはり一兵卒からクリニック・病院経営を学ぶ覚悟が必要かと思います。

また、開業には合う、合わないが大きく分かれます。特に、開業をする場合、どれだけ多くの患者を持つ事ができるのかという部分以外にも、医院の設計から、資金のやりくり、税金の対策、スタッフの給与など、自分が院長となって全てをやりくりする必要性が出てきます。ですので、金銭面でのマネージメントが苦手な人にとっては、開業をする事はかなりハードルが高いかもしれません。また、開業医がどの程度、患者を持てるのかは、医師のコミュニケーション能力や性格が大きく問われます。つまり、例え腕のある医師でも、人当たりが悪い場合には、より親しみやすい医師の元に流れていってしまいます。ですので、患者さんの立場に立って、地域に密着した、親しみやすい環境を作っていけるのかが、開業医として働く場合には重要なポイントになるのです。私はこういった点も転職先で学ばせてもらおうと思っていました。

今は将来の開業に向けて転職先で精進中ですが、自分の病院を開業した後にどのように患者さんを確保するのか、どのような病院にしていきたいのかという明確なビジョンを持てるように意識しながら働いています。サービス面を向上するだけではなく、その病院で働くスタッフのやりがいにもなるので、ただ単に開業をするだけではなく、自分の世界を作り上げていく事が、開業医に転職を希望する際には必要かと思います。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.