医師転職情報

地方都市の医師事情の一例(福岡・愛知・石川・宮城)

投稿日:

福岡の医師事情

福岡は人口当たりの医師数が全国で第5位です。どうしてこんなに多いかというと、福岡県には医学部がある大学が4大学あり、県内の39病院が臨床研修医院として指定されており、60を超える病院が協力臨床研修病院として協力してくれています。

福岡市や北九州市は医大病院が揃っているので、医療環境は恵まれていますが、都市部から離れた過疎地域などは事情が変わって、求人募集があったとしても確保が難しく、救急医療の整備にも力を入れるようにしています。

福岡県では医療に対する五つの取り組みをしています。医療に関する情報提供と次世代を育む小児医療の充実、安心、信頼される医療の推進、新たなニーズに対応した医療の推進、ITを活用した医療の推進です。民間病院においても、経営、職場の問題を解決するために企業の品質管理活動の手法を利用して取り組むところが増えてきています。

また福岡では診療科目に偏りがあるので、医師数が増加しても産科、外科といった医師数が減少してきています。地域枠を設定するなどして人材育成を大学と連携を始めています。

石川の医師事情

石川の医師求人を見ますと、かなり好待遇の求人が出されている事に気が付くでしょう。一例を上げますと、石川県のとある内科精神科の病院では、経験豊富な精神科を1,300~2,000万円で募集しています。 この年収の中には当直手当やオンコール代、夜間呼出手当が含まれていません。ですから、職務状態によってはこれ以上の収入になるという事なのです。この例は決してレアケースではありません。石川や金沢では慢性的な医師不足という状況があります。医師を必要としている方がたくさんいるのに、それに対応できる医師数が確保できていない事が原因です。大学を出た研修医が、医局に頼らなくても自由に職場を選べる様になったことで地方から都市部への医師の流出を増加させたという背景が絡んでいます。

石川ではの多く地域が医師不足に悩まされています。その為に一人の医師の分担が大きくなり、オーバーワークに苦しむ方も増えてもいます。そこで好待遇を提示して、新たな医師を確保しようという動きが高まっているのです。その事は医師専門の転職サイトの求人を見ると良く分かるでしょう。もし現在の職場に満足をされていない方、転職を希望している方で、地方への転勤も可能だという場合は転職サイトに相談をすると良いでしょう。

愛知の医師事情

愛知県では名古屋市を中心として、中心から近いほど医師が充足している現状です。医師が充足している病院としていない病院がはっきりと分かれます。少しずつですが、ここ何年間化で医師不足の現状は愛知県にも影響が出始め、状況が少しずつ変化しています。今までなかった求人が出てきたりしていますし、公的な病院が民間へ譲渡されること等もあります。名古屋市から離れて求人エリアを広げれば、案件の幅も拡大していきます。

診療科別でみると特に、小児科医と産婦人科医の不足が顕著です。病院側でも小児科や産婦人科の医師を確保しようと高額報酬を提示した求人などの対策を立てていますが、なかなかうまくいっていないのが現状です。名古屋市以外の愛知県では、医師が絶対的に不足しているという状態にあり小児科医と産婦人科医はさらにそうです。諸々名古屋とそれ以外の愛知県とでは雲泥の差があるのです。

宮城の医師事情

現在宮城県では医師不足が問題になっています。東北で最も発展した仙台市でも、急速な都市化による人口増加や、東北一帯から進んだ医療環境を目的にして患者が集中している事などがその背景に挙げられます。

その為に優秀な医師を広く募集していて、専門性の高いスキルを持った医師を好待遇で受け入れています。例えば仙台市青葉区のある内科病院では外来・病棟管理の職場で1,600万円~1,800万円の募集を架けています。これはキャリアの転職者用の募集です。週休2日制で比較的に時間のゆとりが取れる職場との事です。中には年収2000万円以上の求人もあり、転職先にはメリットの大きな地域だと言えるでしょう。 そしてまだまだ被災者の方々のケアが重要な地域では、快適治療と合わせて心のケアも必要となっていて、精神科の専門医やそれに付随する資格を持った医師が宮城県では望まれています。

-医師転職情報

Copyright© 医師転職サイト選び方解説「ドクターズチョイス」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.